セミナー案内

[東京]2018/4/20(金) Medtec 医療機器業界中級編 医療機器の開発プロセスで注意すべきこと

医療機器業界中級編
ISO13485取得、製販取得したがその後のビジネス展開の進め方とは?
開発プロセスで注意するべきこと、異業種からの参入事例も紹介

【おススメ聴講者:ISO13485取得、製販取得したがその後のビジネス展開のヒントをお探しの方等】

日時:4月20日 金曜日 9:30~16:05
場所:東京ビッグサイト セミナールームB
料金:25,000円
URL:http://www.medtecjapan.com/seminar_programme2018
お申込み:https://www.medtecjapanreg.com/2018/form.cgi?lang=ja

内容:

開会の挨拶  早稲田大学理工学術院先進理工学研究科 教授 伊関 洋

1.ビジネスの全体像をもう一度見直す。次の展開のためには何をすべきか
 公益財団法人医療機器センター 医療機器産業研究所 事業化支援室 上級研究員 高山 修一

2.医療機器の開発プロセスで注意すべきこと
  株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役 清水 美雪

3.医療機器メーカーの社会的責任と品質マネジメントシステム
  サクラ精機株式会社 グループ統括本部 部長
  一般社団法人日本医療機器産業連合会 法制委員会 幹事会代表 飯田 隆太郎

4.医療機器の企画から市場導入まで
  大研医器株式会社 取締役執行役員 開発第一部長 山田 圭一

5.医工連携を進めていく上で注意すべきこととは?(社長編)
  第一医科株式会社 代表取締役社長 林 正晃


[神奈川] 2018/5/24, 25 作って、売る医療機器【法令・QMS編】

日時
【法令・QMS編】2018年5月24日(木)~ 25日(金)

会場
かながわサイエンスパーク(KSP)内 東棟2階 KISTEC講義室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車

受講料
2日間 26,000円

募集人数
各回15名  先着順にて承ります。

このような方にお勧めします。
● 医療機器開発のプロジェクト・マネージメントやコーディネートの必要に迫られている方
● 医療機器開発・製造販売の従事年数が数年程度の方
● 新たに医療機器開発に携わることになった方
● 医療機器産業への参入を予定している企業の方
※ メーカーやものづくり企業、医療関係者のいずれの方もご受講いただけます。

お申込み
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
E-mail:ed@newkast.or.jp 
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/res_human_devl/edu_h29/ed29_seminar_22/ 


[神奈川] 2018/4/26, 27 作って、売る医療機器【設計・製造編】

日時
【設計・製造編】2018年4月26日(木)~ 27日(金)

会場
かながわサイエンスパーク(KSP)内 東棟2階 KISTEC講義室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車

受講料
2日間 26,000円

募集人数
各回15名  先着順にて承ります。

このような方にお勧めします。
● 医療機器開発のプロジェクト・マネージメントやコーディネートの必要に迫られている方
● 医療機器開発・製造販売の従事年数が数年程度の方
● 新たに医療機器開発に携わることになった方
● 医療機器産業への参入を予定している企業の方
※ メーカーやものづくり企業、医療関係者のいずれの方もご受講いただけます。

お申込み
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
E-mail:ed@newkast.or.jp 
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/res_human_devl/edu_h29/ed29_seminar_22/


[神奈川]2018/3/8,9 作って、売る医療機器【企画・設計編】

日時
【企画・設計編】2018年3月8日(木)~ 9日(金)

会場
かながわサイエンスパーク(KSP)内 東棟2階 KISTEC講義室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
◆ JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車

受講料
2日間 26,000円

募集人数
各回15名  先着順にて承ります。

このような方にお勧めします。
● 医療機器開発のプロジェクト・マネージメントやコーディネートの必要に迫られている方
● 医療機器開発・製造販売の従事年数が数年程度の方
● 新たに医療機器開発に携わることになった方
● 医療機器産業への参入を予定している企業の方
※ メーカーやものづくり企業、医療関係者のいずれの方もご受講いただけます。

お申込み
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
TEL : 044-819-2033 FAX : 044-819-2097
E-mail:ed@newkast.or.jp 
https://www.kanagawa-iri.jp/human_res_devl/res_human_devl/edu_h29/ed29_seminar_22/ 


[東京]2018/2/14 情報機構 新規参入者、初任者のための 医療機器開発に必要な規制と留意点 入門

●日時 2018年2月14日(水) 12:30-16:30
●会場 [東京・東陽町]江東区産業会館2階第5展示室
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
 講師割引書講師割引書A10
●お申込み 情報機構 http://www.johokiko.co.jp/seminar_medical/AA180210.php

●講演プログラム
1. 医療機器産業の現状

2. 医療機器開発から見た病院のしくみ
2.1 医療従事者とは
2.2 日本の病院の区分と特徴

3. 薬機法と品質マネジメントシステム
3.1 医療機器業界の企業に対する規制
3.2 品質マネジメントシステム(QMS)とは

4. 医療機器開発のステップ
4.1 新規参入企業にとっての開発の難所
4.2 開発品のマーケティングと薬機法
4.3 要求仕様の設定

5. 開発におけるモノづくり
5.1 データの品質とは?
5.2 設計中に取得しておくべきデータ
5.3 開発のステージ管理
5.4 製品のリスクマネジメント
5.5 製品の安全性試験

6. 医療機器の開発部門の運営
6.1 開発部門に必要な文書管理
6.2 開発に必要な人材要件
6.3 開発者のタイプと担当業務